ファスティングをしている外人

山田優さん長谷川潤さんダレノガレ明美さん道端アンジェリカさんといったトップモデル達が愛飲していることでも注目を集めたコンブチャ。

コンブチャ=昆布茶ではなく、紅茶を発酵させた紅茶キノコの酵素ドリンクのことです。
納豆や豆腐といった定番の発酵食品と同様、栄養豊富なことが魅力になっています。
「紅茶を発酵」と聞くと、どんな味がするんだろう・・・と不安に思われやすいですが、意外なことにおいしいです。

定番の紅茶風味、マンゴー味、ベリー味。ジュース感覚でゴクゴク飲めるのも魅力の1つ。
美意識の高い女性の新常識としてブームになっています。

コンブチャはダイエット、美容、健康補助、便秘改善と幅広い目的で飲めますが、モデルの愛飲者が多いこともあってダイエット目的で選ばれることが多いです。
酵素ドリンクなので通常のダイエット以外に、短期間で変化を求める方向けのファスティングにも使えると注目を集めています。

コンブチャと、コンブチャを使ったファスティング。
今回の記事ではその詳細をまるごと解剖していきたいと思います。

ファスティングってなに?どんな効果があるの?

「ファスティング」という名前を最近よく聞くようになりました。
ファスティングが良いということは知られるようになりましたが、でも、意外と詳細までは広まっていないのも事実。
まずは、ファスティングの概要をご紹介します。

ファスティングとはダイエット、美容、健康補助目的で実施する断食のことです。
日本では1日~3日間程度の、いわゆるプチ断食のことを指します。

元々は宗教的な意味合いの断食をきっかけに効能が注目されるようになったもので、今では世界中でダイエット、美容、健康補助目的で実施されるようになりました。

現代人は普通に暮らしているだけで添加物や保存料といった「自然のものではないもの」をたくさん口にしています。
元々人間はそのようなものを消化する構造をしていないので、添加物や保存料といったものを消化することによって内臓には日々大きな負担がかかっています。

ファスティングの目的は、プチ断食をすることで普段酷使している内臓を休ませてリセットすること。
そして体に溜まった毒素をデトックスすることです。

ダイエットにあたって無理な食事制限をすると体に良くないのは常識ですが、断食という極端な方法を「体に良いこと」として適用するわけなので、ただ食べなければ良いというわけではありません。
ファスティングには決められた手順があり、この手順通りに実施しなければ逆効果になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

手順については後程ご紹介します。
これからファスティングの実施を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ファスティングにはコンブチャが良いって本当?

ファスティングの断食期間中は水(1日1.5リットル~2リットル)と、酵素ドリンクだけを摂取します。
水と酵素ドリンクでデトックスするのはもちろん、食事から栄養を摂取できない分、酵素ドリンクで補うためです。

酵素ドリンクにも色々と種類があります。コンブチャはその中の一つです。
ファスティングするにあたってコンブチャが選ばれる理由は、まずデトックスの期待値が高いことと、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養を含むこと。そして味がおいしくて断食期間に嬉しいことが挙げられます。

どの酵素ドリンクをファスティングに使うか迷ったときは、とりあえずコンブチャを選べば無難です。
その時は人気がある製品を購入するようにしましょう。
コンブチャで特に人気があるのは、山田優さん愛飲の「コンブチャクレンズ」と、ダレノガレ明美さん愛飲の「ハーブアブソリュートコンブッカ」です。

コンブチャクレンズはマンゴー味、ハーブアブソリュートコンブッカは紅茶風味です。
どちらも200種類以上の素材から抽出した酵素を配合しているので、ファスティングと相性抜群です。

人気があるということはリピーターが多いという証明です。
色々な酵素ドリンクを試してきた方にも、酵素ドリンクは全くの初めてという方にも満足していただけるかと思います。

ファスティングと置き換えの違いは?

ダイエット目的でコンブチャを飲むとき、ファスティングと1食置き換えが定番の飲み方です。
ファスティングは短期間で体重の変化や体質改善を目指す方向きですが、毎日少しずつ体重を落としてダイエットしていければ良いという方は1食置き換え向きです。

コンブチャの飲み方としてどちらが主流かというと、1食置き換えで継続して飲むスタイルです。
1食置き換えはとてもお手軽にできるダイエット。
しかし、ファスティングは断食期間やそれ以外の期間も必要になり手間がかかります。

普通にダイエットするなら1食置き換え、短期間でダイエットと体質改善をしたいならファスティングという選択になります。

ファスティングはどんな人に向いている?

・短期間で体重を減らしたい
・むくみや老廃物に悩まされていてスッキリしたい
・不摂生による肌トラブルを改善したい
・精神的なストレスで頻繁にドカ食いしてしまう

上記に1つでも当てはまる場合は、ファスティングと相性が良いです。
※継続して飲んでいる薬がある場合や、体調が悪い場合は上記に当てはまっていても実施前に必ず医師に相談するようにしてくださいね。

STEP1ファスティングのやり方~準備期間編

ファスティングは「準備期間」「断食期間」「回復期間」という3つの期間を設けるのが必須です。

準備期間の日数をどうすればよいかについては、以下を参考にしてください。

・1日間の断食⇒準備期間1~2日
・2日間の断食⇒準備期間2~4日
・3日間の断食⇒準備期間3~7日

※ファスティングを個人で実施する場合は1日~3日の断食が推奨されています。
それ以上の日数実施したい場合は個人の判断ではなく、医療機関等で行われているファスティング入院や合宿に参加してください。

【準備期間中のポイント】
・ファスティングの準備期間中はアルコールとカフェインの入った飲み物はNG
・食べ物は油モノやケーキを避けて野菜中心の胃に優しいものを意識
・全体的に食べる量を少し減らす

※準備期間開始前からコンブチャを飲んでいる方はそれまでと同様、1日1杯のコンブチャを継続してください。
ファスティングの為に初めてコンブチャを飲み始める方の場合は、準備期間中から1日1杯のコンブチャを飲むようにしてください。

STEP2ファスティングのやり方~断食期間編

準備期間が終わったらいよいよ断食期間です。
断食期間が1日~3日、どの日数だとしても、期間中は水(1日1.5リットル~2リットル)と、コンブチャ以外のものを摂取してはいけません。

コンブチャは栄養が豊富なこともあり、通常1日1杯が推奨されています。
しかし、断食期間中はイレギュラーということで朝、昼、晩に1杯ずつ(1日合計3杯)を飲むようにしてください。

【断食期間中のポイント】
・期間中は朝、昼、晩、時間をバラバラにせず毎日同じタイミングでコンブチャを飲むほうが良い
・水は一気飲みよりこまめに飲むようにする

コンブチャはいつ飲むのがベストタイミング?

STEP3ファスティングのやり方~回復期間編

断食期間が終わったら即終了というわけではなく、回復期間が必要となります。
休んで回復した内臓は元気いっぱいです。
断食を終えていきなり通常の食事をとると、全てを一気に吸収してしまうので、低カロリーなものから少しずつ通常の食事に慣らしていかなければなりません。

断食が1日~3日、どの日数だったとしても、必ず回復期間を3日間は設けてください。

・回復期間1日目~2日目
具無しの味噌汁、水分多めのおかゆ、コンブチャ(朝、昼、晩1杯ずつ)
※3食食べても良いですが、食べる量は1食~2食分を3回にわけてください。

・回復期間3日目
薄味の野菜の煮物、具無しの味噌汁、水分多めのおかゆ、コンブチャ(朝、昼、晩1杯ずつ)
※1日目~2日目同様、3食食べても良いですが、食べる量は1食~2食分を3回にわけてください。

上記のメニューから内容は多少変更しても大丈夫ですが、できるだけ近づけるようにしてください。

回復期間中の食事内容は普段の食事と比べると非常に淡泊ですが、断食期間中に味覚が研ぎ澄まされていることもあり、最初の食事は凄くおいしく感じられます。
飽食の時代に食べることの喜びを改めて感じられるのもファスティングの魅力といえるのではないでしょうか。

この回復期間が終了したらファスティングの一連の流れは完了となります。
その後も美容や健康、スタイルキープの為にコンブチャは継続することがおすすめです。
ファスティング終了後からは、コンブチャを飲む回数を1日1杯に変更することを忘れないようにしましょう(コンブチャは通常1日1杯が推奨されています)

必ず確認!ファスティングの注意点

ファスティングを実施すると、期間中に好転反応が発生することがあります。
下痢、口内炎、頭痛、吐き気がよく発生する症状です(もちろん全員に発生するわけではありません)

コンブチャで便秘が治るなんて事あるの?

基本的に好転反応については、体に良い影響を与えている証明でもあるので心配不要です。
ただし、頭痛や吐き気がどんどん悪化したり長引いたりする場合は、すぐにファスティングを中止してください。

「もっと結果を求めたい」という場合でも、個人でのファスティングの断食期間は必ず1日~3日間にしてください。

コンブチャを使ってファスティングの成功を目指そう

いかがでしたでしょうか。
最近きゃりーぱみゅぱみゅさんがファスティングを公言し、改めてファスティングが話題になっています。

ファスティング中はお腹が空いてツライこともあるのですが、空腹のピークは断食1日目です。
そこを乗り切ると、断食2日目、3日目は不思議と1日目のような空腹を感じなくなります。

ファスティングが大変かどうかは個人差がありますが、とにかく無理は禁物。
手順を守って実施して、成功を目指してみてくださいね。